太田市S様邸着工

こんにちは、群馬県太田市 デザインリノベーション ienowa(イエノワ)桑原です。

S様邸のリノベーション着工しました。
まずは外部、植え込みや大きな石など撤去。

道路側に1台分の駐車スペースを確保しつつ、すっきりさせます。

BEFORE
植え込み撤去後

そして配管もやり替えます。

出来るだけ駐車スペースを広く取りたいのと、建物自体の基礎と絡まないところでのせめぎあいでギリギリの位置で土留めをつくります。

玄関ポーチのタイルをカット。車が入りやすいようにします。

砂利を敷いてひとまず外部はこのままです。内部のリノベーションと外壁塗装が終わってから駐車スペースを仕上げます。

内部は解体が始まりますがその前に養生。

階段はそのままで手を付けないのでしっかり養生。

廊下やリノベーションしない箇所もしっかりと養生。後で廊下の床は上貼りしますが、解体物を運ぶときなどキズや汚れをつけたりしないようカバーしておきます。

そして解体がはじまりました。今回室内は部分的に解体します。

大きいものを解体後。

押入を解体して向こう側の部屋を広げます
トイレ内はトイレと床を変更
キッチン
床の間を解体して通り抜けられるように
お風呂
押入をクローゼットにします

解体作業がおわったところで大工さんの作業が始まります。
今日はここまでっ。

新しい外壁と新しい寝室

こんにちは、群馬県太田市 デザインリノベーション ienowa(イエノワ)桑原です。

太田市のリノベ現場よりレポートです。
南側だけサッシを入れ替えたため外壁の張替えがあります。

これから外壁が張られる2階部分
こちらは掃き出し1階部分

構造用合板の上から透湿防水シートを張りまして

下方向から重ねて張ります
新しく作ったパラペットのところも
玄関ドア周辺

シートの上に通気胴縁を入れまして

横貼りなので縦胴縁
パラペット部分は軒があるので水切り金物入ります
玄関ドア周辺も同じく

そして外壁が張られます。

パラペットも外壁を張って、笠木を設置して出来上がり。

そして和室から新しく寝室になる部屋の様子

元は南側に広縁がある和室
押入と床の間、畳部分と広縁で約12帖

全て解体して新しく洋室に変わります!

解体するとやっぱり広い
天井を張って、床張り中

こちらに新しく壁をつくり仕切ります。

仕切った向こう側はウォークインクローゼットになります。

そして洋室側からWICを見るとこんな感じ

ドア取付中
クロス前のパテ処理済み

クロスが貼られた後はこんな様子。

元和室とは思えない
広々WIC

そして仕上げのおまけ。
神棚が古くなっていたので社長自ら神棚をつくりました!

角を丸く仕上げるのがお気に入り
もちろん受けの三角もきれいに角をとる

今日はここまでっ。

既存建物活かしたリノベ

こんにちは、群馬県 太田市 デザインリノベーション ienowa(イエノワ)桑原です。

先日BEFORE写真を撮りに行った平屋リノベのお家進捗レポートです。

ここは増築しますので基礎工事をしています。

元の間取り

そのあとはまず解体です。

解体前はこんな感じ
解体前の部屋

まだおもかげ(?)が残っていますが

ハイ~解体されました~。

このお家は外壁・屋根はそのまま生かします。
そして現代的な使い勝手のいい間取りに変更するリノベです。

骨組みだけにしてすべてを変えるフルリノベももちろん見えるところはすべて新しくて良いですが、使えるところは残して活かすとエコ、それにコストダウンにもなるのです。

リノベはすごく金額かかるんでしょ?と思っている方も予算に合わせてできるのがリノベのいいところ!(こちらのページにも参考価格が載ってます)

と、宣伝はさておき(?)現場の解体はこんな感じ。

勝手口があったところや水廻りの窓はつぶして壁にしたり新しく小さい窓を入れたりするので外してあります。他の部屋のサッシはそのまま活かしますー。
今日はここまでっ。

その3―間取りを変えるリノベーションのお家→

築70年のお家リノベ ー解体ー

こんにちは、群馬県 太田市 デザインリノベ ienowa(イエノワ)桑原です。

築70年のお家リノベーション。骨組みだけに解体していきます。

内部からも解体、下屋も瓦をおろしました。

2階の部屋から天井
キッチンがあったところ

外部から_増築した部分と70年前の部分
キッチンがあったところ

解体すると柱の色の違いで増築した部分との違いが分かりやすいです。

2階からの眺め

ちなみにこちらは減築部分

瓦は1階だけおろして2階の瓦屋根は足場を組んでからおろします。

クレーンで下ろして、屋根むき出しに

2階瓦おろしの様子/8倍速
屋根おろし前
屋根おろし後

すっかりむき出しになって解体完了です。

1階床下地まで

骨組み残しの解体

こんにちは、群馬県 太田市 デザインリノベ ienowa(イエノワ)桑原です。

今回は平屋住宅の解体。桐生市相生町モデルです。
古いところは解体して、活かせる柱や骨組みは残して新しいイマドキの住宅に生まれ変わります。

簡単に外せる畳や建具(ドア・引戸)などはすでに取り終わっていて、内部の柱や間柱、床下地天井などを剥がしてゆく

天井解体と床解体

こんなかんじで床下も天井裏もあらわに

元々壁に向かってキッチンだったところ
梁も真っ直ぐではないのが年代を感じます

内部の解体が終われば後は外部の解体

玄関の床タイル剥がし
屋根の板金剥がし
破風剥がし

というわけで解体は順調に。
ちょうど同じような角度からの写真で見くらべ。

解体中
解体後

さあ、解体する限界(活用する柱とか梁とか野地板、垂木とか残しで)はこちら

道路側から玄関のあたり
家の内部から道路がわを

さらに道路との境目を隔てているブロックと門を撤去しました。

すっきり。車も入りやすい。
BEFORE/解体前のブロック塀画像は Google先生から拝借
解体後
解体前

解体前のお家もレトロでなかなか可愛かったんですよね~。
室内の様子も以前のブログでいろいろ触れておりますが

玄関周りの石貼りがなんともレトロでよかったです。(解体しちゃったけど)

あと、なんと内部にも使われていました。

なかなか攻めた配色ですがこれもレトロってことで片付け…いや味があるってことで。

外壁のプレートには「カルストーン」って書いてありました。見た目も軽石みたいだし、軽石ストーンなのかなーって勝手に思ってます。

リノベモデルの屋根

© 2021 株式会社ienowa